2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ放映

11月に出演させて頂いた、いじめ問題の反響編に再度参加致します。

だいぶ濃い話(トラウマやいじめた相手への復讐心etc)しましたが時間オーバー
でたくさんカットされてるでしょうけどねえ。

いじめからの克服に見るといい映画『タクシードライバー』(1976アメリカ)
についていろいろしゃべったけどこれも切られてるやろうな・・・

お時間ありましたら

2月11日(月)20時〜20時29分 NHK Eテレ ハートネットTV

NHK ハートネットTV
スポンサーサイト

いじめ特集

NHKのいじめ番組に再出演することになりました。
放送は2月中だそうですが、その前にいじめ問題をテーマにしたイベントがあります。そこで交わされたことも番組に反映させたいと思います

「ストップ!いじめ」
いじめ防止を目指したイベント。いじめ被害者だった出演者が、いじめ被害の苦しみと葛藤を赤裸々に語り、そこから見えてくる「いじめ対策」についてデスカッションする。藤田市男、高橋佳生によるメッセージと「こわれ者メンバー」によるパフォーマンスもあり!

後援:新潟県・新潟県教育委員会

日時:2013年1月13日(日)午後1時開場 午後1時30分開演(午後4時終了予定)
出演:月乃光司・Kacco・大久保長男・成宮アイコ
ゲスト:藤田市男(『家族っていいなぁ』著者)・高橋佳生(オナベの占い師『新潟日報コラム・素顔のままで』連載中)
参加費:1000円(予約無し・当日のみ)
司会:江口歩(NAMARA)・松井弘恵
会場:新潟市総合福祉会館 多目的ホール(新潟市中央区八千代1-3-1)
http://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kenfuku/sogofu.html
問合せ:080-6618-8806(実行委員会)

藤田市男(ふじた いちお) 
昭和33年に新潟県に生まれる。大学を卒業して10年間、自動車保険の示談係を担当。
そこでさまざまな経験をさせていただいた。勤続10年目で、世の中にはやりたいことがあり過ぎると気がつき、勤め人を続けていく余裕がなく、やむなく退社。女房、激しく慌てる。現在、優しい妻と聡明な子どもたちに囲まれ、絵を描き、モノを書き、毎日楽しく暮らしている。『家族っていいなぁ』著者。「いま、死なないでキャンペーン」実施中。

高橋佳生(たかはし けいき)
新潟で女の子として生まれるが、自分の心と体の性別に違和感を感じ、20代後半に性転換をする。現在男として生きる、男と女の気持ちがわかる珍しいオナベの占師。占いをしていた祖母の影響で、16歳で趣味で占いを始め、勉強の後、人とは違う自身の経験や人生の苦悩を乗り越えたことを生かし、独自の心理学と、占星術で今の世をみる。『新潟日報コラム・素顔のままで』連載中。

精神保健福祉白書

今年の精神保健福祉白書 『障害者の表現活動』について寄稿させて頂きました。全国の書店でお求めになれます。

http://www.chuohoki.jp/ebooks/commodity_param/ctc/c06/shc/0/cmc/3724/backURL/http(++www.chuohoki.jp+ebooks+main

TV放送

11月12(月)、13(火)20時からのNHK Eテレ Our Voices
という番組に出せて頂きます。小中時代の体験やトラウマチックな話が主ですが
たくさんカットされてる思いますがお時間ありましたらご覧下さい。

さまざまな“生きづらさ”を抱えた当事者が、毎回ひとつのテーマについて語り合うシリーズ、「Our Voices(アワーボイス)」。11月は、相次ぐ自殺や隠ぺい事件でいま注目されている「いじめ」をテーマに取り上げます。
スタジオに登場するのは、かつて壮絶ないじめを経験し、生き延びてきた、“いじめサバイバー”の人たち。中学時代に自分が同性愛者であることを自覚したという男性は、同級生から「ホモ」「オカマ」などの言葉でののしられ、教師や親に相談したものの取り合ってもらえず、追い詰められた末に自殺を試みました。高校時代、クラスメートのほぼ全員から、無視や陰口、つるし上げなどのいじめを受けた女性は、30代になった今でも、人が怖いという気持ちをぬぐえないといいます。
渦中にいる子どもたちからはなかなか語られない、いじめの実態や当事者の苦しみ。それらをくぐり抜けてきた彼らの言葉は、いじめの本質を浮き彫りにし、さらには、どうやっていじめと向き合い、生き延びていけばよいのかについて、さまざまなヒントを与えてくれます。
番組では、視聴者から寄せられたいじめ体験談も紹介。“サバイバー”のみなさんとともに、「いじめ」とどう向き合っていけばいいのか、2日間にわたって徹底的に話し合います。
1日目は、いじめを受けている渦中の苦しみや、それをどう“生き延びた”か、について、お互いが赤裸々な体験談を告白。
2日目は、そうしたいじめの経験が、大人になってからも心に傷を残すという現実について語り合います。
出演者
石田 衣良さん(直木賞作家)
ブルボンヌさん(女装パフォーマー/ライター)
杉山 文野さん(性同一性障害当事者/LGBTの若者を支援するサイト「ハートをつなごう学校」共同代表)
ナレーション:坂本 美雨さん(ミュージシャン)
番組HP

社会的包摂と排除を学ぶイベント

あなたはひとりぼっちではない~社会的排除と包摂の実態を学ぶ〜

 景気悪化や高齢化に伴う生活保護や孤独死の問題など社会的弱者についての関心が近年高まっています。しかしながらその一部は否定的なバッシングを伴うもので、実態が正確に伝わっているとは言いにくいものもあります。このシンポジウムでは実際の当事者の体験を本人の語りや本人が記録した映像から学び、支援者をはじめ地域社会では何が出来るのかを考えます。

■ 第1部 白井勝美(横浜在住の当事者、作家)×月乃光司(アルコール依存症のパフォーマー)による当事者対談 司会進行 鈴木貴之(痛い中年)

■ 第2部 シンポジウム 
           〜社会的排除から見た社会的包摂とは〜
・パネラー     上村 正朗 (新潟県新発田地域福祉事務所地域福祉課課長)
         川本 健太郎(敬和学園大学共生社会学科講師)
         加藤 美保子(当事者家族)
・コーディネーター 市嶋 彰(新潟パーソナル・サポート・センター相談員)
■ 日 時
平成24年10月28日(日)13時30分〜16時15分(13時受付開始)
■ 会 場
新潟市総合福祉会館401〜404号室(定員80名)
※駐車場に限りがありますので、公共交通機関でお越し下さい。
■ 参 加 費
¥1,000(伴走舎会員、新潟/長岡パーソナル・サポート・センター利用者\500)
■ 主 催
NPO法人にいがた若者自立支援ネットワーク・伴走舎
□共 催
新潟県パーソナル・サポート・サービスセンター
(受託団体:一般社団法人新潟県労働者福祉協議会)
□後 援
 新潟市教育委員会/新潟市こころの健康センター

■ 出演者 白井 勝美
神奈川県横浜市出身。アルコール依存症を患い家庭内暴力を繰り返す聴障害者の父親の下に生まれ育つ。貧困家庭に生まれ育ったためそれを理由にいじめに遭い、中学時代には不登校となる。やがて引きこもりになり自殺未遂を起こす。20歳頃からうつ病を患い精神科病院に通院し精神障害者2級に認定された。2008年1月に自叙伝『絶望男 —46歳、ニート、障がい者の人生—』が出版された。TBS系列の報道番組『筑紫哲也 NEWS23』の年末企画「生活破壊〜ギリギリ以下を生きる」に出演、自らの生い立ちなどを語る。
■ 出演者 月乃 光司
高校入学後に対人恐怖症、醜形恐怖症を患い4年間引きこもり生活を送る。20代半ばからアルコール依存症を患うが精神科病院への入院や自助グループへの参加により健康を回復し社会人として生活を送る。その後、心身障害者のイベント『こわれ者の祭典』を行うなど様々な活動をしている。2010年には、これら活動が人々に力と勇気を与えているとして、第5回安吾賞新潟市特別賞を受賞する。

■「NPO法人にいがた若者自立支援ネットワーク・伴走舎」
 ニート(若年無業者)、ひきこもり、不登校などの問題を抱える若者に対し、社会的自立を支援する伴走型支援のボランテイアを養成し、同時に地域活性化活動も行なっています。

■「新潟県パーソナル・サポート・サービスセンター」とは
 内閣府の第3次モデル事業として、新潟県労福協が県から受託し、様々な問題を抱える方に寄り添い、個別的かつ専門的な立場から相談支援を行なっています。地域のNPOや行政機関などと連携し、当事者の自立支援を目指します。(新潟市と長岡市で開設しています。)

■お申し込み
本紙申し込み欄に記入の上、FAX025-248-5590または
   E-mail banso@kind.ocn.ne.jpにお名前、住所、連絡先
をご記入の上送付して頂けますようお願いします。なお申し込みが定員に
達した場合、申し込みを締め切らせて頂きますのでご了承ください。

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。