2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れが

昨日はこわれ者の仕切り及び撮影など担当しまして、
面白いは、面白かったのですが、くたびれてしまいました。

と言いますのは、ちょっとしたトラブルが発生。
ことなきを得たのですが、どんな事も修行、経験です。
今回は相手があることなので、平身低頭平謝りです。

一応の解決後、身内の打ち上げ会場へ参加。
DAIGOが酔って、BSNのカメラに噛み付いていた。
まあ、彼にしてみれば、あこがれのホーキング青山氏
と会えたわけだから、はしゃぐのは分かるなあ。

スポンサーサイト

こわれ者講師?

8月下旬 CJ君と専門学校とNPOが行うニートさん向け
講座の何コマかを担当します。
これは、文部科学省委託事業の1つで実施される働きたいけど
なかなか実現できない若者向け支援講座です。

我々ができるのは、やはり、こわれ者の祭典です。
どんな反応になるでしょうか。

以前、月乃さん、アイコさんと大学講義でやったことがありますが
授業や講義が大嫌いな二人です。当事者と同じ目線でためになるものだけでなく、どぎつく、かつ刺激たっぷりのコアな回にしたいですね。

ばたばたの週末

30日のこわれ者の裏方準備、母校の大学での用事、会議
8月から始まる専門学校とのニート向け講座の打ち合わせ
8/5、6公演の劇団関連の雑務etc

ばたばたな毎日ですが、こんな時期も今は必要なのでしょう。
誰しも必要とされる時期があります。今、悩んでる人もきっと
その時が来ます。大事なのは分からないことが多いから、
生きていけるような気がします。

猫かわいがり

猫仲間が写真を送ってくれました。女の子だそうです。
やっぱ、猫が好きですね。猫

打ち上げ

7/30日曜日 こわれ者の祭典打ち上げがあります。

お申し込みは下記メールにてお願いします。

taka752004@yahoo.co.jp

7/28金曜日締め切りです。
今回は人数限定ですのでお早めに。

会場 日本海庄屋(新潟駅前、東横インのビルがある3階)
新潟県新潟市花園1丁目2-2-306 
http://www.daisyo.co.jp/

電話 025ー249ー3411
参加費 3500円
開始 21時~

働く事とは

昨日が、ニートや元ひきこもり者向けの就労講座の最終回でした。
終了後、交流会があり、当事者と話を持った。
共通しているのは、なんとなく真面目なタイプである印象。

真面目さが良さであるが、おふざけがなかなかできない。
からかわれたり、軽く扱われることへの不安が大。
でも大丈夫。いろんな場数を踏む事が重要だと思う。

自分もイベントに限らずだが、自身の弱点を見つけて
それをどうにかしようと考えるよりまずは弱点を口に
する。それから弱点を相手に伝えるようにしている。

むしろ、人から今はどんどんいじってもらおうと思う。
昨日も新潟市内限定でお茶の間に、江口代表による
ツッコミが放送されたが、こういう機会をこれからも
増やしたい。恥をどんどんかいていこう。



こわれ者デー

今日は、月乃さんと30日の祭典の打ち合わせがある。
外部ゲストが2人もいらっしゃるので、大変緊張している。
なんでかと言うと、今回は自分が実行委員長なのですよ。

午後は江口代表司会のケーブルテレビに出る予定。
しかし、自分の顔をテレビで見る度に、気持ち悪さを
感じてしまう。なんか、暗いし、汚ったねえなあコイツは。
結構 腹黒いところも表情にでるもんですかねえ

夜は引きこもり者、ニートさん向けの就労講座最終回に合流。
先週久々に参加したら、1回目よりも皆さん、かなり打ち解けていた。
祭典も何かのきっかけになればと続けていますが、地道なことを続け
るのが本当は苦手な性格です。

マザコン

やっぱり自分はマザコンなんです。
マザコンと言うと、一昔前の冬彦さんとかを連想しますが、
親の言う通り、いいなりになる子がマザコンなのではなく

親の期待に背いたり、または親のこうあるべき子供像を
築けず、過去に葛藤がある人のことなんだと思う。

最近、親子関係にまつわる出来事が大変多いように思う
(無職の青年が親を殺したり、中年息子が年老いた親を
殺したり)
なんとなく、マザコンはキーワードになるかもしれない。

ただしマザコン宣言すると、ただでさえ、女性陣に相手
にされてないのに、増々縁遠く、遠ざけてしまいそうな
確実な予感がする。

下流

金曜日に行われた「下流社会」の著者三浦展さんの講演会に行ってきました。
一番印象に残ったのは、自分探しよりも仕事探しを優先にという言葉だった。
やや反発、中高生の頃に十分な自分探しができなかった人はどうすんだろう

若いうちの苦労は買ってでもしろ の若者の範疇は人生80年になった今
あまり意味がないような気がする。
根本敬先生が、学校はやる気がないと卒業させてもらえないが、人生は
やる気に満ちあふれている者ほど卒業させてくれないと言っていたが、
やる気に満ちあふれている人達は、やはり 自分探しがベースにあるのだと
思う。

人は何故働くのかということを改めて考えた1日でした。

今後の予定

8、9月は、こわれ者の他にかなり場違いなところに呼ばれています。

「いきいき若者しごとセミナー ニートについて考える」
 
 日時 8/4(金)14時~16時(受付13時30分)
 会場 新潟県庁警察庁舎大会議室 新潟市新光町4ー1
 
 講演 津富宏 氏(静岡県立大学国際関係学部助教授)
    ニート支援に求められるもの~静岡の実践から
 
 パネルデイスカッション
 ニート支援に求められるもの
 NPO法人メンタルフレンドにいがた代表 蛯原勝 氏
 NPO法人新潟青少年自立援助センター代表 若月正勝 氏
 
 それと私です。

 主催 新潟県 後援 (社)新潟県経営者協会 (社)新潟県商工会議所連合会
 新潟県中小企業家団体中央会 (財)にいがた産業創造機構
 参加無料 定員100名

 申し込み 新潟県産業労働部観光部労政雇用課
 電話025ー285ー5260 FAX025ー280ー5493 
 E-mail s050050@mail.pref.niigata.jp

 
 日本福祉文化学会現場セミナー 新潟県社会福祉士会佐渡ブロック研修
 越後地域福祉文化塾 佐渡「福祉を支える地域の絆」
 
 日時 9/16(土曜日)
 福祉講演会10時~11時30分
 講師  一番ケ瀬 康子(長崎純心大学)
 会場 トキの村元気館(佐渡市)
 
 科目1 13時15分~13時45分
 講演「地域における福祉文化の創造」
 講師 一番ケ瀬 康子(長崎純心大学)
 会場 願誓寺(佐渡市椎泊)
 
 科目2 13時45分~14時45分
 映画「明日はもっといい日」上映
第2回新潟出版文化賞記録誌部門賞受賞の介護体験手記
 「もう一度望みが叶うなら」(渡辺泉著 北越出版刊)
 を原作に、佐渡市(旧金井町)出身の鈴木貴之が、60分
 のビデオ作品として完成させた。

 科目3 15時~16時20分
 寄り合い「佐渡の介護福祉について」
 話題提供 映画監督 社会福祉士 鈴木貴之
 佐渡市内の福祉、保健、ボランテイア関係者
 まとめ 新潟県社会福祉士会会長 松山茂樹

 他、科目多数
 
 主催 越後地域福祉文化塾 佐渡実行委員会 日本福祉文化学会
 
 後援 新潟県社会福祉協議会 佐渡市社会福祉協議会
    新潟県社会福祉士会 新潟県介護福祉士会
    新潟NPO協会 新潟県内社協職員の会 
 
 詳細はまた追ってお知らせします。
 
 




 













 
 
 

空間作り

昨日は、所属しているNPOで開催している元ひきこもりの若者向け就職講座に
参加した。ひきこもり者がハローワークや面接に向かうのは、山登り
に例えて言うと、いきなり富士山5合目を目指すようなもので、酸欠状態
になってしまう。
自分も10年、ニート、フリーター状態にあったので、相談機関や窓口に
行くのはものすごい恐怖があった。人から見て劣っているんじゃないか
馬鹿にしているんじゃないか 被害妄想や高いプライドが邪魔した。

まずは行けるところから、やれることからだと思う。終了後、絵描きを
しながら日本を歩いている大介さんの、一応、新潟から行ってらしゃい会
に参加したが、仕事も生き方もいろんな多様性を持っているということを
肌で実感することが楽しく前向きに生きていく活力になるのだなと思った。

大介さんは眉毛がなくて、あごヒゲのチヤーミングな青年だが、どこか
ミステリアスな魅力がある。反対に自分は見たままのスケベ、チョンガー、
駄目、バカ、ユニクロ、高尿酸値過多 と謎めいていない存在なので、
誰か俺をプロデュ―スしてくれ。

昨日の就職講座も大介さんの生き方も、セルフプロデュ―スすること
人が集う場の空間をいかに作っていくかというお話でした


周佐氏の夢

こわれ者周佐君とやりたいことについて話した。
彼の夢は、声に関する仕事なのだ。

声優、ラジオ、朗読、いろいろあるが、彼が仕事への
希望を語る時、とっても生き生きする。
苦いラジオパーソナリテイー時代のエピソードも聞いた。
その苦さが彼を表現に駆り立てている。

つまずきや失敗が、新しい事に挑戦することを拒む時
もあるけど、その反対もありなんだな



流れにゆだねる

共依存症者のいつも落ち入るところは、変えられない事を必死になって
変えようとするところにあります。

自分のような依存症者は、他人に見捨てられるのが恐いので、無謀な無理な
要求でも我慢して受けてしまいがちです。

だからこそ、流れに身をまかせることが大事です。
かなわない事にしがみつくよりも、目の前にある出来事を一つ一つクリア
していくこと

その事を信じていけば、いいのだと思います。週末、また一つサプライズが
ありました。9月に上映する映画と講演会で、福祉の世界では、最も尊敬する
先生とご一緒できることにになりました。
これをサプライズと言わずして、なんというやら

ジンギスカン

今日は午後から、社会福祉士会の総会に出て、福祉業界の論客でもある
大橋謙策先生のお話を聴く。

夜は会社の庭で焼き肉。しかもジンギスカン。羊肉は結構くせがあるが
最近流行りなのはなぜかな。新潟にも専門店がいくつか出来ている。
それを途中で抜けて、ナマラの異業種交流会に参加する予定
この会は毎回来る人が違ってて、新鮮な面白みがある。

里親の映画

4月のこわれ者でも触りを上映した、福祉の里親制度のビデオ
上映会をだいぶ先ですが12月に開催する予定で動いています。
多分、パネルデイスカションも組むので、イベントとして
決まりましたら告知します。

それよりも8月のこわれ者に出す、新作短編を撮らなければなあ~

北と共依存

実家のある佐渡では、着弾の明かりが見えたのだというから、北も無謀なことを
やるなあ。
真意のある外交、対話が通用しない国、なんだか自分のような、わがままで
きれやすくて、人を思いどうりに動かしたい共依存症者みたいだ(苦)

周囲に脅しやなだめすかしで、対人関係のバランスを取りたがる共依存症国家だ。
とはいえ、底をつくのも時間の問題だとは思うが。

電気男

31歳にして、じじいです。
肩こり、腰痛、頭痛、倦怠感 何でもありです。

微弱電流という治療を受けています。これを受けると
スウエーデン人がイタリア人に変わったほど、陽気に変化
します。ここのところよく治療に通い詰めています。

そんな陽気な頭で、来月のこわれ者に出すネタを思案中
いままでの路線とは違う、ハードボイルド短編を撮る予定
です。

やっぱじじ臭いでしょうか。

一区切り

7/1をもって、4年間通った、ACの自助グループが終了した。
厳密にいうと、参加者全員が回復したのではない。
来るメンバーの都合や生活を考慮しての結果でした。

アルコール依存者の集いであるAAと違い、ACで死ぬ人はいない
(その結果、依存症になるケースもあるが)
ACの問題は、日常生活の中に存在するので、気のせいだったり
感じ方の問題になっていることが多い。

グループでは、そういった日常の中の生きにくさを確認すること
で、生きる目的や勇気をもらえたと思う。4年間、この場があって
ずいぶん助かった。

必要な時はすべて与えられる この言葉を信じて今日一日、今日一日
を生きていきたい。

週末

この週末は、月乃祭りでした。
土曜日は、戸塚ヨットスクールの校長とのパネルデイスカッション
がありましたが、感想としては、戸塚氏独演会の様相でありました。
彼は自分の信念に立ち向かってくる様々な、批判があればあるほど
燃える性格だよな。
ほとんどカルト宗教家のようでした。

日曜日は打って変わって、どん底ライブ。AKIRAさんの歌声に
感激。打ち上げでは、全員がどん底宣言をして、宴は最高潮に
盛り上がりました。
最高の週末でございました。

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。