2007-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボな週末

明日から東京。ニート支援の川口サポートステーションにて、教材ビデオに出てもらう出演者オーデイションをやったり、ぐんまサポートステーション が開所するのでご挨拶に行ったり 、月乃さんとエイブルアート展の報告会があったり、新宿ゴールデン街での演劇鑑賞兼
役者との交流会があったり、メタボが増強される日々です。

日曜日に新潟に戻って、月曜、火曜また東京です。国立武蔵病院でインタビュー収録をしてきたり、また第2次オーデイションをやったり、東京での濃い時間が過ごせそうです。

スポンサーサイト

簡素化すること

生きてきて満点をもらったり、表彰されたり、ほめられてきた
ことが少ないのですが、土曜日は、AC臨床の最前線でやって
こられた、信田さよ子さんから、「学校の成績は2ばかりだけれど、ACとしての回復の過程は5をあげたい」と言われた。

もの凄くうれしかった。

新潟に帰ってきて、以前、依存症のグループを主催していた
仲間に伝えたら、「最高の褒め言葉」と言われた。

その仲間は、自分が大変不安定な時も見ているし、女に逃げられて
悲嘆にくれていたことも知っているいわば戦友みたいなもんか

AC問題に限らず、過去の悲劇を簡素化して、整理する必要がある
のだろう。

しかし、先日打ち合わせした、発達障害の子を持つお母さんは
「発達障害の子は、過去の悲劇や怒りを簡素化できない。」
と言われた。
発達障害に関しては、またの機会で触れたい。

ヘビメタ映画

昨日は東京から戻って、NAMARAの10周年ライブの打ち上げに
参加した。
構想を練っている次回作の話を数人にしたところ、乗ってくれ
そうな予感。

次回作はメタボを取り上げる予定ですが、タイトルは出演者
から得た「ヘビメタ(ヘビーメタボリック」に決定。

15周年記念映画として取り組みたいと思います。

ずーっと上京

週末、出版記念ライブに行きます。信田さよ子さんと絡むことが出来る!
信田さんの著書を苦しいときに読んで、ずいぶん楽になった事を思い出した。

自分の原点は、落ちこぼれであることとか、進研ゼミ+苦悶式に挑んでも
成績が悪かったこととか、そういうことをひっくるめて全部、それでよかった
と感じさせてくれた人です。

こうして会いたい人に自分から会いにいかないくせに、会わせてくれる今の
状況は大変幸せなことだと思います。

5年を振り返って その2

月乃光司氏と付き合うようになって(ホモでない)
とにかく、彼の「いつも次のつながりを作る姿勢」には
本当に見習うことが多かったです。

よい仕事や展開は待っていても来ません。だからこそ
自分で作り出すという努力を月乃氏は実践してきました。
対人関係が不得手な人も何人か関わってきましたが、
それと同様にかつて人間関係が苦手な人がその問題を
向き合ってこそ、その問題と向き合える場面にも関わり
ました。

イベントではお互いを貶しあう関係ですが、10歳違い
の先輩として、32歳、最近、生活習慣病で内科通いが
断言します。

もっと生きて、もっと失敗して、少子化対策に貢献して
残りの無様な人生を輝かせてください。

自分もいつもジジ臭いと言われて、生きていく指針に
していきます。
真面目で、誠実に生きているつもりですが、あまりいい面
では見られないのです。
そういった負の部分に気づかせてくれて感謝する最近です。

いろいろ

今、仕事で精神神経学会に来ています。
高知市に滞在していますが、カツオと
陽気な人々が素晴らしく楽しいです。

さて、こわれ者の祭典ですが、5年も
やってきましたし、自分の中でもひと
区切りつきました。

以前も書きましたが、5年の間に自分
が伝えるメッセージは十分伝えました
また、やるべきことはやりつくしました。

人間は新しい課題に挑戦していかないと
いけません。
いやでもその現実がきています。

とはいえ、今後も自分なりの思いは
伝えていきます。よろしくお願いします。


今年やるべき事

1、雨宮さんを新潟に招いて、講演会の開催 2、新潟県内での未就労相談の強化事業
3、米を持ち寄ってのワープア系の夕食会(COMECON新潟 経済相互援助会議)開催
4、手話講座に参加して異性に慣れるです。

5月

仕事柄、出張が多く、今月は毎週出かけています。
特に来週は、高知~香川~岡山~大阪です。
月末も含めて上京も何回もします。

JRとANAを大もうけさせています。
私には出て行くだけで、特典なしであります。

5年を振り返って その1

5年前から、こわれ者の祭典は始まりましたが、
月乃さんから声をかけてもらった時に記憶を戻します。

ちょうどその頃、ひきこもり者の個別支援を行っている
NPO団体に関わりだした時期、同時期、共依存症の
グループミーテイングに参加したりと、心の安定を得始めて
いました。
そんなある日、団体のメンバーから、アル中でひきこもりの
男性が自伝小説を発表したと聞いた。
ひきこもりの経験者が、自らを語るというのは、今後の参考
になるかもしらん という気持ちで本を読んだ。

大学の先輩が副店主をしていた、昼間喫茶、夜飲み屋 の店
で会った月乃さんは、寡黙ながら、好色っぽい感じを受けた。
本の感想や、新宿ロフト界隈のあまり新潟にはなじみのない
コアなガロ文化について語り合ったのを覚えている・・・

眠くなったので、また続く

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。