2007-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りないもの 欠けているもの

最近、思うのはあまり自分はあまりにもいろんな
体験、経験が不足していると思う。

最大に足りないのは、他人に対する寛容さ、配慮。
あなたを認めます。ということが足りないというか
欠けている。

体験として成長の中で積みあがってないことなのか
人間性でもともとそうなのか分からないが、他人を
信用できないし、反面、信頼を置いていた人に裏切
られたといって嘆く。
こういうことを繰り返す過去がありました。

以上のことから自己探求が好きになり、今に至る。

次の自分の目標は、占い師になることにしました。
占い師は、まさに自己探求を探る仕事です。
来月から弟子入りします。手相は出来るようになり
たいものです。
スポンサーサイト

攻撃あるのみ

生は短い。今、頭の中の9割が子孫繁栄系の話題だけです。
残り1割にて、他のことを使っています。

つまり、真珠湾攻撃(意味不明)あるのみです。

薬物評論家

先日、教育評論家の斎藤次郎さんが大麻使用で逮捕された。
実は何度も新潟に来られているし、ざっくばらんな方で
なんでもありのおじさんです。

自分がバカ話を振っても、エスカレートしてくれた大変
ありがたい存在です。

という訳で、刑が確定し、見通しがたった時点で、新潟に
来てイベントしたいと思います。

新潟はアルコール依存作家もいますので、薬中、アル中対談
などが予想されます。

かなり不謹慎な言い方ですが、やっとこっち(?)の世界に
降りてくれた感じで安心しました。

地獄の特訓

昨日は東京しごとセンターで新入社員セミナーの講師
をやってらっしゃる方の講演会に手伝い兼ねて参加。

鬼軍曹のような方をイメージしたが、それよりも演技指導
力の高い演出家のような方だった。

人育ても、演技指導も、似たようなところはあるといえば
ある。

その方の経歴が「地獄の特訓」で有名な会社の出身であった
昔、テレビで見て、ドン引きしてしまったことを思いだして
しまった。

サラリーマンは全員、恐ろしい特訓をしないといけないと
勝手に思い込んだもんです。

誰もが自分の専門家

この4日間ほど、福岡県久留米市でWRAP
(元気回復行動プラン)ワークショップに参加してきた。

WRAPは、アメリカで実践されている広い意味での
認知行動療法のような?当事者が回復の為に使える
プログラムであります。

一言で言うと、病気や障害を負ったことで、希望や自信
あるいは、責任を見失いがちです。

このプログラムの最大のポイントは、誰もがすぐ使える
手法であることと、誰でも自分の専門家であるということ
を明記しています。

人生は、課題や希望、責任といったキーワードで構成されて
います。つまりは、誰かに肩代わりしてもらうわけではなく
誰かが決めるのではなく、自分が決める。この点が自分が
自分のスペシャリストと言えることなのでしょう。

11月は創始者のコープランドさんが来日するということも
ありとても楽しみなのです。

それにしても今回は中州にも行かず、おとなしい時間を
過ごしたが、疲れもあるのでこんなもんか。

明日は上京、キャリア支援の関連で東京しごとセンター
などへ行きます。

教育のレベル

昨日は、いじめられ被害者として、シンポジウムに出演した。
県知事もいじめられ体験者ということで、親近感を得た。

知事はいじめられてから、勉強に専念してエリートになった
が、自分は苦悶式とかやったのですけど成績上がらず、
落ちこぼれとしてその後、大活躍したわけです。

いじめで印象に残っているのは「お前が来ると学校のレベル
が下がるから来るな」と言われた事かな、ドラクエ全盛期を
生きた子供には、「レベル」という言葉は大事だ。

そんな低レベルぶりを昨日も発揮して帰ってきた。出演者は
肩書きも立派な方ばかりでしたが、自分と月乃氏は、肩書き
が、アル中とか、バカ、ワーキングプアとか、なっちゃいけない
大人代表なんだから、劇薬、不燃物のようにシブトく生きていこ
うと誓い合った。

夜、女子高生が文化祭で映画撮りたいから、技術的なことを
助言せよとの指令が下ったため、付け焼き刃の知識を披露して
いい気になる。

ところが、指導が度を超して、内容にまで口出し、「教員を悪役
にして、最後は暗殺」とか「セカチューでなく、ジコチューというタイトルで行こう」という提案に????な女子高生でした。

中小企業フェスタ

昨日は一日、朱鷺メッセの中小企業の雇用促進とPR展にいた。
我NPO団体もブースを頂きました。

また協力企業のしたみちオフィス様には、占いコーナーを
提供して頂きました。
予想以上の盛況で有料にすれば良かったと後悔しました。

その後、シンポジウムでは、パネラーとして、企業と若者の
接点などを語りました。

中小企業に若者が来ない。ニート、フリーターは働く場が欲しい

まるで片思い同士のように接点がないのです。

今後、若者と企業の出会い系をやっていかねばという確信に変わりました。200709181542000.jpg

大きな流れが

週末は東京で、IPS(援助付き雇用)の取材を行った。
IPSは、アメリカの障害者就労に使われているプログラム
で、その手法を使って、働く当事者らに話を聞いた。

国の研究事業が終わるという事もあり、民間移行の時期
でバタバタしている様子だった。

終わってから、新宿の雨宮さんのネットラジオのイベントに行く。
小さいけれど、大きな動きが生まれる予感。
みのもんたの朝番組の取材が入っていた。



翌日は、NHKなどでも大きく取り上げられているMDA(うつ気分
障害協会)の講演会に行く。

キャラクターとして立っている山口律子さんの話は分かりやすく
復職分野のカリスマなのもうなづけた。

戻ってきて今日も仕事なのですが、多分だらけて過ごすことになるのう。


200709151439000.jpg

困惑の直行便

昨日、月乃さんと19日に行われるいじめイベント
出演のための打ち合わせに行く。
(19日水曜日 13時15分~ 新潟県民会館
自分と月乃さんがいじめ経験者として出ます。泉田知事
と初共演!)

その途中、テレビで総理辞任のニュースが流れていた。
ちょうど、いじめイベントの話でもあり、同じ半端者
同士で「半端者の舐め合い」イベントうてないかしらと妄想。

そんな週末、明日から上京。昼間の仕事をこなして
夜は、雨宮さんのイベントに出席。土曜日はうつ病業界?
のカリスマ保健師 山口律子さんの講演会があり参加予定。

帰宅すると、ANAの新潟~福岡空路打ち切りのニュースが
??????????????????????????

新潟から九州方面に直通で行ける便利な一本だったので
なんじゃこりゃの心境。

来年も久留米通いが続くので、いやはや困りましたですの


反抗期真っ盛り!

幼少期に反抗期がなく、今まっさかりです。

一人暮らししていても、何故かベットの下にきわどい本を隠す。
たまに親が来て、掃除の際、ゴミとして出す。

よって、悲しくなり、当たるという体験を久々にしました。

もっとも
自分「なんであの本捨てたんだよう!泣」
母「あんたの趣味が悪い。もっと年相応(意味不明)な内容
ならいいのよ。◯○物じゃなくて、◯○や◯○○ならOK。◯○
なんかでニヤつくな」

などの生々しい会話が出来ていたら、こうはなっていません。

生きやすさとは

理不尽なことが多くて嫌になりますが、生きやすくなる
工夫をしていきましょう。
そんなことを考えるヒントが見つかるかもしれません。


~若者の就労の現状を探るシンポジウム~
格差社会だヨ!全員集合

10月6日(土曜日)

1、 対談「取材を通して感じた非正規雇用の現状と今後」
雨宮処凛(作家 東京都在住)、月乃光司(作家)
2、 シンポジウム「新潟県における若年者の就労の現状」
コーディネーター鈴木貴之(敬和学園大学新発田学研究センター一般研究員)

13:00~16:30 / 参加無料 / 会場:敬和学園大学(新発田市大字富塚1270)
駐車場完備
問い合わせ 敬和学園大学新発田学研究センター 電話0254-26-6038
主催 若え衆らサポートネットにいがた
共催 敬和学園大学新発田学研究センター/新潟県地域労使就職支援機構
   新潟地域若者サポートステーション
後援 新潟県/新発田市/新発田商工会議所/新発田市社会福祉協議会
   新潟県中小企業家同友会


子捨てと少子化

元祖子捨てられ自慢の大久保です。

最近、やたら県内で子捨て(遺棄)事件が連続している。
少子化ブームで、世間の目は子供にとってある意味よい
環境に向かおうとしているのに、逆行するように起きる
事件が後を絶たない。

将来を担う子供を大切に扱うのはいいのですが、そのことで
全体が子供を大切にしないなんて非人間的ムード。ってのが
怖い。

結局は、誰にも相談できず、孤立してしまう方向におしやられ
てしまうわけです。

何でもお金で買える時代だけに、安心や信頼はお金では得られない
ということでしょうか。

社会出会い系

昨日は若者サポートステーションで行われた
企業と当事者の座談会に参加した。

延々1時間、自分が落ちこぼれだった話。
親、学校から否定された、最低な話をしてきたが
あまり滅入るような感想もなく、企業の方も
当事者を知るきっかけになってくれたし、ニート
の皆さんも企業の人たちの敷居の低さに驚いて
いたと思う。

もっと職業を身近に感じるには、職業人との様々な
交流がなによりの近道だし、健全で社会的な出会い系?
だと思う。

話は変わりますが最近、感じるのは、理不尽な思いを
されて逆ギレする人が増えていると思う。

ただ、AC系は、生まれてこのかた理不尽な思いをして
きていて、感情がマヒしてます。なので、うつの既往
も多いのです。

目立つのは、ACではなく、普通の家庭で育った人が
様々な理不尽(リストラとかいじめとか)にあうと
自罰的にならずに、さらに弱い相手を虐げたり、他人
を攻撃したりするが、現代ならではの現象なのでしょうか

相手から評価をされないと自分を確認できないのだと
したらそれは、悲劇でしかないと思うのです。

腹八分目

人間は欲望を持って生きる動物です。
したがって、もっといいものがほしい(金、名誉、住まいなど)
しかし、追求度が強いと、失敗する。

昔の人はよく言ったもので、なんでも腹八分目がよろしいようです。

僕にとっての八分目は、1週間でいい事が一つあればいいという
ことです。

いい事探しで一つあれば十分です。

例えば最近は、縁あって見つけたカフェに一人行き思案する時間
を持つ事です。

こんなことで十分です。と爺臭くなっております。200708301454000.jpg

支援拠点

昨日は新潟地域若者サポートステーション新発田サテライト
相談室のオープン日だった。10/6格差社会だよ全員集合
イベントのチラシを持っていく。

箱は小さな場所でも、その場が果たす役割や責任の重さを
考えると、来月以降の動きも慎重になってしまうわけです。

とりあえず、新発田学研究センターでは、商店街の皆さんと
当事者との交流会から始めていこうと思う。

いじめられ被害者も、何らかの理由で居場所がない方も
街の大人ともまれていくことで、変化を起こすきっかけに
なればと思っている。

確定ではないが、今月いじめ防止イベントがあり、経験者
として話す機会を得られそうなので、今後の構想なども
伝えていきたい。200709051259000.jpg

癒し空間に行きたい

東京、大阪に猫喫茶があるらしい。ただ猫がいるだけらしい。
行ってみよう。過剰サービスなし。

癒しが足りない。癒し足りてないからだ。

猫みたく生きたいニャー

悲しみの連鎖を断ち切る

週末は、いろんなところに行ってきたが、共通するテーマは
悲しみの連鎖をどう断ち切るのかという取り組みばかりだった。

土曜日のニート支援専門家の長須正朗先生の講演では、
地方での疲弊した経済+家族機能の低下+教育の無責任から
生まれる問題点が見えてきた。

日曜日は、テレビの犯罪解説でおなじみの杏林大学の佐藤先生
(あのヒゲの方)のシンポがあり、虐待防止のテーマだったが
家族支援により焦点を合わせていかないと効果的な防止策は
作れないということだ。

結論からいうと親が変われば、子は変わるということか
(かなりおおざっぱですが)
金持ちにも、ワープワにも平等に子供が育つ家庭がある。
経営者で、孫の代まで本当に将来を見据えていたら
偽装請負やら一連の労働問題は起きません(多分)
今はどんな家庭の子でも不登校は起きるし、むしろ問題
がないことのほうが問題なのだろう。
つまり、今、「ウチは勝ってる」と思っていても、因果は
きちんと答えを出してくれる。ちゃんと問題は起こるべく
して起きるわけです。
この辺りがカルトの付け入りやすいところで「先祖供養が
足りないから墓を新調しろ」とか言い出すわけです。

2日間通して感じたのは、問題を当事者に帰さないこと。
問題の原因を捉えて、どう取り組むか。
これ以上、悲しみの連鎖を増やさないことだったと思う。

9/18火曜日 新潟市の朱鷺メッセで、働くこと~を
テーマにしたシンポに出演するんですが、ここでも連鎖
について報告ができると思う。

■にいがたFESTAJOBWAY2007 ■9/18火曜日
■朱鷺メッセ ■参加無料  ■10時~(シンポ13時~)
■主催 新潟県中小企業同友会 


肉食動物

1ヶ月に1回、病院通い(内科)が続いている。多分死ぬまで
続くのでしょう。
それはそれとして、肥満を予防するだけで、かなりの死因リスク
は減らせる。長生きしたければ、節制して生きていけばいいのだろう。

しかし、苦痛を伴う、制限は返ってストレスを悪化させるので
その人にとって苦痛にならない程度の楽しみでなければならない。

土曜日、知り合いの土木作業員が、肉食動物のようにかっくらくて
いました。彼にとって、食事=補食行動 になっており文化人類学
的に見て大変特殊な行動です。

その彼も今週末、池袋の○○○で○○を○○するらしい。
30年の人生というか犬ネコ的な人生の初行動らしいです。

200709011925000.jpg

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。