2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サメのように

動いて行くと見えてくることがたくさんある。
立ち止まっていて考える時間も必要。

攻勢をかけるタイミングと待ちの時間を耐えること

映画『アニーホール』の一節で、男女の関係はサメに
似ていて、動くのをやめたら、立ち止まったら死ぬという
のを思い出した。

明日、映画の内部試写。どんな感想があるやら
スポンサーサイト

学習

勉強出来ることが全てではありません。
出来ないより出来た方がよいのですが

ノーベル賞を取った?さんも言ってましたが
勉強自体は嫌いでも、スタデイー(興味のあること?)
なら苦にならないと

確かにそうだなあ

つまり、学習能力のない人間はいない。
意欲のあることを見つけられてそれを続けること
をいつか見つければいいのかと思う。

教師や指導者と言われる人は、その人の得意分野
や興味のあることを社会にいろいろな意味で適合
できる人間に育てるというのが最大の課題でしょう。
手前のことも満足にさせられないで、相手に上がって
来いというのはどだい無理な話です。

と段々説教臭いのでやめます

ものさし

寸法や物の大きさを測ることは簡単に出来ても
人の(器)大きさは簡単に測れません。

という風に思うのは、最近つとにお金に対して
とても厳密な人から学ぶ中での気づきが多いからです。

ひとくくりには言えないのですが、公務員に代表
されるような組織に守られてる方々は、この感覚は
理解不能だということが嫌というほど分かったから
かもしれません。

公務員は必要だと思いますが、お金は天から降って
くるものではないのです。

幕末ロケ

映画『マー君には夢がない』一応クランクアップ。

最後は会津藩のエピソード。武器商人役のマーク
フランクさんと侍役の須田和行社長。

それなりに雰囲気出てます。

11/8(土)千葉県木更津市で行なわれる「吹く詩の宴」
に急遽出演させて頂くことになりました。

映画予告編を流したいと思います。須田

暴走

同窓会は期待通り、KY発言連発。
酒飲んで暴走。みんな苦笑。

1期~十数期まで集まる会なので
意味不明に感じた人も多かったのだけれども
まあいいや。

結局朝3時くらいまで2次会。利害関係のない
集まりというのは、心から楽しい。

今週、映画撮影の最後。いじめ講演会など
あるがぼちぼちやっていこう。

再起動

人間は巡り巡って答えを見つける生き物なのでしょうか。
最近、おっさん臭さが加速しているためか、そのように
感じます。

いろいろあり昨日は倒れながらも、最低限の仕事を
こなす。1分で出来ることが1時間くらいかかってしまう。

動きながら考えるタイプなので、先の見通しの甘さや
どうしようもなさを確認する。

PCのような再起動が簡単に出来ない。今日はかなり
回復。これから大学同窓会、こともあろうに司会です。

主催側もKY発言を期待しての依頼なので、特に断りもしなかった。
学長もいらっさやるのですが、確実にキチガイ発言連呼
です。

ああいう取り澄ました場を破壊することが、最近の楽しみ
になっている。

ふざけたおっさんと化しています。

3つのない

金がない、モテない、ろくでもない。

とまあ他者から指摘を受けますが、最近まあいいや
という感じです。

期待しない、頼らない、あせらない。

こんなノリでいきたいです。

こうなりたいということだけですが!

生き延びる

本来、のほほんとしているのですが
最近、仕事や私事で危機、先行き不安が訪れています。

生きているといろんなことがありますが、生きていく
ことは様々な選択の上で成り立っているのでいたしかた
ありません。

ただ前と決定的に違うのは、わりかしどうやっても
上を向いてやっていけるという言葉にならないような
自信がついたことだと思いました。

それは一言で言うと、生き延びるスキルみたいなもの
でしょうか?あまり愚痴も言わなくなりました。

例えば飲み屋で上司やらクライエントやら奥さんの悪口を
ぶちまけるような、そんな気持ちはありません。

大変、不思議な感覚なのですが、どこからかそんな気持ち
が涌いてきました。

最近、真面目にふざけたことをやろうという気持ちが
強まったわけです。

関係性

自分は医者でもないし、カウンセラーでもないので
何が出来るのかということを探しあぐねていますが

今回、信田さよ子さんの講話のまとめをやっていて
感じたのは、関係性に焦点を当てて物事を進めて行こう
と思います。

職場での人間関係や、親子関係や、対人関係
人がそこにいる限り、社会なので、その社会が変わる
には、法律や権力の行使が働くのでなく、小さな存在
から変わっていくことを目の当たりにしている。

それは宗教でもなく、政治でもなく、かよわいと
見えることこそ、最近、そこからの変化を感じてしまう。

編集作業

週末、映画編集作業。まるまる二日をかけて、仮編集を行なう。

Macで編集、スイスイといく。撮影全体はまだ終わってないので
なんとも言えませんが、40分強にまとめる。

全体の印象としては、全部終わっていないのですが、かなり
叙情的な部分をバッサリ切ったので、味付けはあっさりという感。

音楽はかなり濃いめの味付けにしないとあかんと思いました。

それと国内版と国際版の2バージョンを作成するにあたり
オープニングなども大幅に変更しないといけなくなりそう。

ない頭を絞るしかありません。

いじめ

聖籠町というところで、小中学生500人くらいの前で
いじめ体験を話してほしいと言われています。

もう今から20年も前の話なので大枠は忘れてしまっているが
体験は残っている。

子どもの頃から、親からの日々の叱責+脅迫的行為。
同級生からの暴力、暴言、教師からの差別発言

その過去とどうやって立ち直ったかというメッセージを
伝えます。

ただ、そのことを伝えることで、仮に加害者意識はなくても
加害側の子どもがいることも然り。その子が仮にこの話を
きっかけにいじめられるということもありえます。

大変、重圧を感じます。

いろいろ

本当にいろいろあり、最近テンパっています。

自分の問題だけでないことに、やや振り回されています。

困ったが、解決策は必ずある!

結い

家族の体調不良の観察やなんやらで実家に戻ってきた。

父親に禁酒禁煙を促したり、母親を脅したり(向こうも
脅してくるので)、不都合なときだけ難聴の祖母や
わがまま猫を吊るしたりしてきた。

今回はまた、久々にお会いした人がいた。困った人の
駆け込み寺(実際にもお寺)の方で、お互いの立ち位置
やっていることもそれほど違わないと思った。そこは
困った人の居場所 つまり結いがある場。とても
落ち着いた。

最近、いろいろなことがあり、精神的には安定して
いなかったので、落ち着いて考えるような時間や場を
作るようにしている。

明日、あさって、東京。東大、早稲田大など大学巡り

おっさん

おっさんになりましたので、いろいろ制約を科します。

1)炭水化物の摂取を減らす
2)モテない話はしない
3)話題をたくさん仕入れる
4)小動物をいじめない(犬、猫、親など)
5)なるべく自活(経済的だけでなく精神的に)する
6)サタデーナイトはフィーバーしない
7)パチンコ屋に入り浸っている人を見下さない

おっさん

おっさん臭漂う毎日ですが、最近、朝早くは起きれなくなっている。

だいたいここ半年は5時台には起きれていたが、今は7時台

がんばれば6時には起床できるのですが、これもうつ症状の一種か?

集中していた一仕事が終わったせいもあるのか?

また、デブ禁止令が出ており、本当は早朝ウオーキングなどして
デブ防止に励まんとあかんのですが

さて、今日は若者支援者養成講座で、講師を勤めることになって
おり、やや緊張ぎみ

新発田城ロケ

本編の大半が撮影終了したのですが、晩秋を狙って
会津若松藩の場面とメタボ侍の切腹(脂まみれで斬れない)
の場面とか、細かいところが残っている。

資金のない映画なので、会津まで行きません。新発田城の
外堀やらで撮影します。

1868年、長州から征伐を受けた会津藩は、かなりいじめを
受けてさらし者にさせられた、云々というような場面

プロシアの武器商人が、会津藩と絡んでというエピソード。

武器商人には、ミズーリ州出身のWASPの方を起用。
インチキ日本語を使ってもらう。

いいかげんな撮影ながら、設定は細かいのです。


世界共通で困っていること

フランス人の若者たちといろいろ話した中で
共通していたのは、彼らも雇用の問題で深刻
な問題を抱えているということが分かった。

世界の生きにくい人とたくさん繋がっていきたい。

くたびれたので、昨日は秋野菜のトマト煮込み
オムレツを作って、だらだら酒を飲む。

最近、だらだらする時間がなかったので、
だらだらしましょう。

仏公開に向けて

新潟にゲームやCGを学びに来ているフランス人
たちがいると聞いたので会いに行った。

CJの弟が英語を話せるので、通訳として来てもらった。

映画はフランスから公開していくので、少しラッシュを
観てもらった。月乃さんのいじめ場面は、爆笑していた。

いじめは、世界共通らしい。

いずれにしても、自腹で日本に学びにきているくらいだから
日本が大好きなのだ。
それも、アニメ、マンガ。

次回はマンガを作るので、彼らの意見はとても参考になった。

終了後、3軒はしご、最後の店では、犬を放し飼いにしていたので
けしからんと首をしめた。

●映画のニュース放送は、来週月曜日 BSNテレビ18時代に
なりました。テレビは流動的なので仕方ありませんが

急逝

名ばかり所属先大学の事務局課長が急逝。

いろんな意味で接点はあまりなかったのですが
奥さんとは親しく(実は夫婦で職員)彼女の落ち込みが心配。

やはり残された側のショックは、深い。
今、比較的、こちらも精神的に打撃を受けていた
ので動揺はある。

そんな辛い時をどう乗り切るかは、読書は良い。

信田さよ子さんや今一生さんの『生きちゃってるし~』
などを読むと対処出来る。

帰って、鶏肉をそぎ切りにして、オリーブオイルで
じっくり焼いて、乱切りトマトを乗せて食した。

ハガキ一枚からのスタート

先日、清水義晴さんから、1冊の本を頂きました。

『一枚一生』という冊子です。

これは、清水さん川原さんと言う方とのハガキの
やりとりを掲載したものです。

以下、一部引用

『貧しい人にはぬくもりがあり、苦しんでいる人には真実があり
悲しい人には美しさがあります』

たったこのわずかな中にも、様々なメッセージが込められています。

この本を題材にしながら、マンガ化に向けた作戦会議。

重厚でありながら、バカ加減を醸し出す。

映画は15年もやってきて、半分飽きていたので、今後は
マンガ、小説の作成に関わりたいと思っていた矢先です。

※BSNテレビでの、映画ニュース放送は、来週7日火曜日に延期
になりました。

清水の舞台から飛び降り

衝動的でもありませんが、20万円のMacBookProを
購入しました。

これは、ものすごーく久しぶりの高い買い物です。

これで映画編集が出来る!

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。