2010-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活性化

山の下市場にオープンした、なじら家さんに開店祝いを
持って行く。県内産豚を使った料理を提供してくれる
地域活性化のきっかけ作りという点でいろいろと交流
ができる、環境作りを皆でトーク。

右の部位は食道とかで、食感最高。

SN3N00220001.jpg
スポンサーサイト

食堂がんって書くとなんか食えそうな

食道がんで関係者2名が亡くなっているので
桑田さんのがん公表は身近に感じたな。

10キロ減

いろいろと検査の日、1ヶ月半で体重3キロ減量した。
しかし、いろいろと悪さしてることの原因はやはり肥満
であった。

下半期で10キロ減量できるやろうか?

実態調査から

内閣府のひきこもり調査が出てきました。かなり実状を明らかに
したものと評価しています。

ただこういうプロセスで回復するとか、リカバリー視点がなかなか
見えないのではないでしょうか?

演劇くちづけ

大阪から戻ってとって返して観てきた舞台。

知的障害者(軽度と称される)のグループホームを
舞台にしている。かといって福祉的なメッセージ
があるわけでない、下ネタもお遊びも盛り込まれてる。
(宮根さんが出てきたのは驚いたわ)

社会福祉関係者からの視点で観て、優れてたと思う点
は、障害者を抱える家族の問題に踏み込んだところが
リアル。仕事や結婚にも大きな影響は起こるし、彼ら
を取り巻く人々の姿が描き込まれたシナリオである。

障害者を抱える家族の当事者としても、いろいろと
代弁してもらった素晴らしい芝居でしたわ。

役者もあて書きやったんですかね?

こんな記事も
http://www.cinematoday.jp/page/N0025417

暑いのでやりました

天満橋でだべったりして大阪で過ごす。

帰りの羽田便が遅れて、おっさんがカウンターで怒鳴り散らす。
今日の仕事が「怒りのコントロール」というテーマに
ついてのことやったので、スタッフと爆笑する。

村崎百郎さんが刺殺されたと知り驚く。元祖電波系の大御所で
もしかしたら、この世界との最初の接点やったかも

精神障害者=犯罪者というテーマにインパクトをもって
取り組まれていた。「水道の蛇口をひねったら命令が出たので
人を刺した」とかその類型が興味深かった。黒澤明の「野良犬」
でないけれど、暑さが人を狂わせる、単に暑かったので人を
刺しましたとかシャレになりませんが

ご冥福をお祈りする。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000183-jij-soci

公演

観ておかないと後悔すると言われ、なんとかやりくりして
行こうと思うのが、劇団東京セレソンさんだから。

東京セレソンDX
http://www.ts-dx.com/next/kuchizuke/
今回のは、障害者問題がテーマだそうで、レビューも
普段障害者問題に関心のない人達が絶賛の嵐。

やはりこういうテーマは、真正面にやるのではなく
いろんな切り口でないと伝わらないものだと思う。

今回は障害者支援を社会起業で目指す学生とも会うので
いろいろと問題提起できるやも

公民館居酒屋

沼垂地区の近くでもある山の下地区でも地域活性化の動き。
福祉と町づくりがどんぢん具現化していますわ。

地元産豚を使った豚串や野菜を使った居酒屋で
町の公民館的居酒屋を目指されるそうです。楽しみ

なじら家
http://orange.ap.teacup.com/oyaji/

明日からまた大阪ですわ。

暑いミャー

暑いんだニャーニャーニャー

人生勉強

35歳でも勉強はしませう。人生勉強はひとまずおいといて
学びを深めて、人生を面白く生きたい成人病太り気味のおっさんの夏。

新作で名作

先日、ガラガラの映画館で観た。踊る捜査線やポケモンもええけど、やっぱり
人間の迷いを描いたドラマが良い。


衝撃の未公開映画

6年前に撮影されたのですが、諸事情によりオクラ入りした
問題作『必殺呪屋稼業』ダイジェスト版。

モテない学生が振られて自殺して、幽霊になってストーカー
するが、女の子が悪徳建設業者に殺されて殺し屋になって
恨みを晴らすというバカ映画。

月乃さんのアドリブシーンが泣ける。

『必殺呪屋稼業』04年 監督脚本 上杉一隆
高橋なんぐ/岩崎宏子/須田和行/田中未来
手淫宮抜仁ほか

病院はしご

行きつけの病院はしご(整形、歯科、精神科)で仕事を休む。優雅やな。

ちなみに車も入院(またぶつけた)明日、整備士免許のない自称整備士
に治してもらう

バラマキ

就労支援の機関でのことだが、飲食店での体験をつませる
目的で集めた若者に金をばらまいている。その若者が
働くきっかけになったり、飲食を通して食にまつわる仕事
を目指したりetcという効果があるならいいのだが

機関の担当者が「皆さん、体験期間が終わって、次を
探そうとするんですけれど、タダでは動かないんです」
呆れて返す言葉がなかった。

ただ行けばいい、ただいればいいという、やった方が
やらないよりいいというバカさ加減に呆れる。

こんなことを認めてええの?これ全部、税金なんですけど

しかし、小心者なので俺にもバラまけという、一声が出ず。

選挙戦

出馬する方がアクの強い候補者だと盛り上がるんですがね。

電波系では有名な方の政見放送です。
著書の引用というのがすごい。
何言うてるか分からん。

今晩はまちづくりと映画をテーマにしたイベントに出演する。

私に与えられたテーマは、変態の生態やきちがいと映画。

女子トイレで発射してる奴の話とかひどすぎる内容を準備した。

市民向けなのにいいのでしょうかね?

この講座の最終回は、四方田犬彦さんの講演らしいので

大丈夫かね?(四方田さんの大島渚論は参考になった)

テレビ放映

NPO伴走舎の顧問をして頂いている、静岡県立大学の
津富先生の取組が今晩放送のNHK福祉ネットワーク
で放映されます。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/

本当の自由とは誰かと共感することとは名言やなあ

ちょっと前の映画だが、『イントウザワイルド』を観た。
大学出て、家庭で仮面をかぶって生きてきた青年の
自分探し映画であった。アラスカの原野で生きていく
という目的も新しい自分に生まれ変わるという儀式
かもしれない。

見終わって、麻薬抜きの『イージーライダー』みたいな
映画だと思った点と青年の動機に心を引かれた。
内面の押さえれない激しさみたいなものを感じていた
今と変わらぬ無能で愚かでどうしようもない10代後半
をふと思い出す。

アーリー夏バテ

早い夏バテかと思ったら単なる成人病でした。
明日は上京仕事。

生命力低下

しばらく禁酒しとるが、呑みたい欲求というのはないんです。
どちらかと言うと18時過ぎると口寂しいからという口唇期退行状態。

体力的に受け付けられんのかしらん。

«  | HOME |  »

プロフィール

長男

Author:長男
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。